カテゴリー別アーカイブ: 映画

バードマン

「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観てきた。長ったらしいタイトルだが原題も “Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance” なのでかなり忠実に踏襲している。観た場所は埼玉県の南古谷という場所にあるUnited Cinemas でゴールデンウィークだというのにガラガラでした。

ハリウッドらしからぬ作品でした。カメラワークも含め実験的な試みもいくつか見られ、成功している部分も多かった。「おもしろかったか?」と問われれば「興味深かった」と答えます。

ワンカットで長く続く(ように見える)シーンが多かった。そして舞台はブロードウェイ。「映画なんて何度失敗しても撮り直しできるんでしょ? 舞台はライブ。失敗したらそれまで。だから舞台俳優のほうが凄い。ブロードウェイは舞台の最高峰。だからハリウッドの役者なんかよりブロドウェイの役者のほうがずっと凄い」というような価値観が現れているようにも思われます。ハリウッドを自己批判しつつ、そういうニューヨークのお高くとまったところも同時にからかっているのかもしれません。

ワンカットシーンへのこだわりがある映画人は多いようで、唐沢寿明主演のイン・ザ・ヒーローにもそんなこだわりが描かれていました。

音楽でも、レッド・ツエッペリンのファーストアルバムがほとんどスタジオライブの一発録りだったことが、伝説のように語られたりします。音楽の場合は動員力のあるライブアーティストじゃないと稼げなくなってしまったので、結果的に純粋なレコーディングアーティストは衰退してしまいました。編集を駆使して作成されたものでも、優良な作品ならばそれで良いので少々残念な傾向です。

音楽といえば、この映画の音楽もかなり独特でした。なにしろBGMの大半はドラムソロでしたからね。結果として、たまに出てくるオーケストラを使用した音楽のインパクトを増すという効果もあったように思います。なかなか斬新で面白かったですが、日本の劇場だとリズムに合わせて体をスィングしながら観るのが憚られるので、海外の劇場で観たかったかもしれません。

出演者は全員上手でしたが、その中でも主人公の娘を演じたエマ・ストーンが特に印象的でした。どこかで見たことがあると思ったら、アメイジング・スパイダーマンのヒロインの子なんですね。彼女はスター性があると思う。

ゴーン・ガールの時にも同じようなことを感じましたが、すでに成功の方程式のようなものが確立しているハリウッドで、敢えて王道から外れて新しい試みをする姿勢は素晴らしいと思う。こういう作品がたまに出ないとマンネリズムが蔓延して、最終的には業界全体が衰退してしまいますからね。

インターステラー

傑作ハードSFと評判の「インターステラー」を観ました。ブラックホールやワームホールの見え方は理論物理学者に監修してもらったそうで、そういった意味ではハードSFと呼べるのかもしれません。

しかし、主人公の肉体はブラックホールの特異点にたどり着く前にぺちゃんこに潰れて死にますよね? 「彼ら」とか「愛」のおかげで圧死することなく特異点までたどり着けたのでしょうか?

映像は見応えあってそれなりに楽しめましたが、これはハードSFではなくファンタジーだと思いました。

違う銀河にいって戻ってくるんだからInterstellarというよりはIntergalacticですね。

HEROESと工藤夕貴と富士山

HEROES新シリーズで祐真キキという日本人女優が抜擢されたそうです。キキって面白い名前ですね。村上春樹のダンス・ダンス・ダンスを思い出します。

HEROESといえばマシ・オカさんがこれで大ブレイクしましたよね。最近のハリウッドは日本原作モノや日本関連の話も多いので日本人の俳優さんは英語ができて演技力があればチャンスだと思います。むかしは日本人の適当な俳優が見つからなくて、他の東アジアの国の俳優さんが日本人役をやるケースも多かった。すぐに思いつく例で言えばSAYURIのチャン・ツィイーとか。需要はあると思うので、彼女に続いてチャレンジする日本人が増えることを望みます。祐真さんは頑張ってください。

そういえば、むかし工藤夕貴が似たような感じでハリウッドにチャレンジしていたが、元気でやっているだろうか? と思って調べてみたら今は帰国しているそうだ。なんと富士宮市の人穴で農業をやりながらカフェを経営しているらしい。人穴といえば富士講の祖である角行が修行したと言われ、源頼朝の富士の巻狩りの際に仁田忠常が探索したことでも知られる。富士山マニア的には由緒正しい場所だ。今度あっちに行ったら寄ってみよう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000078-spnannex-ent