月別アーカイブ: 2018年6月

Memsourceを使ってみた

久しぶりに翻訳の仕事を受けたら、TRADOSじゃなくてMemsourceというクラウドベースの翻訳ツールの使用を指定された。

と言っても翻訳業界の外の人にはなんの話だかピンとこないかもしれない。SDL社のTRADOSというのは私が翻訳業界に入った20世紀末に出現して、あっという間に業界のデファクトスタンダードになった翻訳支援ソフトなのだが。結構お高い割にはバグが多いソフトで、コンコーダンス(訳語検索)なんてついぞ使いもになることがなかった。しかしながらデファクトなので仕方なく最小限の頻度でアップデートしてきた。最初に買ったのはTRADOS FL5でいまだにTRADOS2011をしぶとく使い続けています。
 
もう10年ぐらい前からずっと英訳を担当してる某医療機器の新規ドキュメント案件が発生して、慣例的に私のところに依頼が来た。私にとってはおなじみの案件なので特殊な用語も割と楽に対応できるのだが、今回からTRADOSではなくMemSourceを使用してくれとエージェントに頼まれた。
この年齢(先日47歳になりました)になると、人間多少は保守的になるもので、使ったことがない製品に対応するのは少々面倒くさい。しかし、キャッシュフロー的に受けておきたいタイミングだし、このエージェントとは長年に渡って信頼関係を築いているので、受注することにした。

で、Memsourceをちょっと使ってみたのだけれど・・・、これ素晴らしいです。
まず第一にMacで産業翻訳ができちゃう。TRADOSを使うためだけにVMWare FusionとMS Windows&Officeを購入していたのですが、その必要がない! 拍手!
しかも翻訳者はクライアントソフトを購入する必要がない。ブラウザでも作業できるし、Mac用のデスクトップアプリ(無料)もある!
素晴らしすぎるでしょ、MemSource。まだ使い込んでないけど、今のところは大絶賛しちゃいます。はやくTRADOSに取って代わってデファクトスタンダードになってほしいなぁ。

フリーランスになって二十年近く経ちますが、最近は収入源がかなり分散化されて自分の職業がなんなのか自分でもよくわからない状態になってきました。なんとなくかっこいいので、とりあえずプロ写真家と名乗ることが多いですが(笑)
翻訳の収入はだいぶ減りましたが、そのかわりにアートフォトのプリント販売、ストックフォトやフッテージのライセンシング収入が増え、最近はクライアントからの撮影依頼の仕事や、通訳ガイドの仕事、お金持ちの日本旅行に同行して彼女がインスタにアップするための写真を撮るという謎の仕事までするようになりました。

まぁ、それでいいのかな。という気がします。一つの業種にこだわるとその業界がポシャったときに一蓮托生ですから。自分が適応できる範囲内で、伸びしろのある業界への時間的・エネルギー的な投資を増やしていくしか無いですね。たとえある職業のプロフェッショナルになってもその職業自体がなくなる可能性が高い時代ですから。いま新たに就職する若者の9割は50年後に存在しない職業に就いているのではないでしょうか? 9割という数字に具体的な根拠はありませんが(笑)

その一方でコミットメントも大事だと思います。一見矛盾しているようですが、私の中では矛盾していません。儲かる確信はなくてもリスクを取ってコミットしないと未来は開けない。。。という訳で、イギリスの某メディア企業からスカウトされたので、映像関係で新しい分野に近々参入予定。儲かる確信はないが、儲かる気配は感じています。もし軌道に乗ったら報告します。

初めてMemsourceを使う翻訳者さんはこのあたりをチェックすると基本的な使い方がわかります。