富士山周辺で増え続ける中国人旅行者について思うこと

集団で大声で騒ぎ、周囲にまったく気を配らない・・・正直言って、そういう傾向はあると思う。中国人観光客の言動にいらっとくることもあるけど、バブルの頃の日本人も大同小異だったんだよね。
 
バブルが弾けた後だけど、ストックホルムのユースホステルで、シーツを敷きっぱなしでチェックアウトした同室の日本人の分も畳んで返却したことがある(それがマナー)。話題にならないだけで、同胞のマナーの悪さに心を痛めて孤軍奮闘している中国人の旅行者もいるんでしょう。
 
当時は「日本人」という一括りでいっしょくたにされるのが嫌だったくせに、ついつい「中国人」と一括りにしてしまいそうになる時がある。けど、国籍とか人種とか民族とか性別とか世代とかで一括りに批判すること事態がそもそも間違っていると思う。「◯◯人は〜な傾向がある」ならまだしも、「◯◯人は〜だ」という表現は危険。
 
「日本ではこういうことはしないでください」という情報を積極的に発信したほうが前向きな解決策なのだろう、と思います。
 

コメントを残す