カテゴリー別アーカイブ: 社会

「格差」がなくなったら文化も芸術も育たない ?

「格差」がなくなったら文化も芸術も育たない ―デヴィ夫人が自著で叫ぶ

浅学にしてこの本は読んでいないが、なるほどお金持ちがパトロンとなって芸術家を支援するからこそ優れた芸術が育つ、という意見は一理あるかもしれない。格差がない社会というのは大衆文化しか育たない社会ということになりますからね。実験的な活動をしているアーティストがいるからこそ、大衆向けの作家もそれを分かりやすい形で取り入れて文化が発展する。しかし、大衆しかいない社会では実験的な活動をしている人たちは総じて経済的に苦境に立たされている。私も結果としての格差は肯定します。だが機会の格差はできるだけ小さいほうが良い。

しかし、お金持ちがパトロンになって才能のある芸術家を支援するって形は、日本ではあまり確立されていないよな気もします。バブルの頃にお金の余った日系企業がゴッホやらルノワールの絵を買いあさっていましたが、買うのは評価の確立したとっくに亡くなっている大家の作品ばかり。現在生きていて、しかも経済的に自立するのが苦しい作家を支援してこそ、お金持ちの存在価値ができると思うのですけどね。結局それをちゃんとやろうとすると審美眼が必要になる。

目利きができない人は評価の確立した作品を買うしかないが、目利きができればまだ有名になっていない才能あふれる作家の作品を安価で購入して大儲けすることもできる。作家にしてみても生活の足しになるのだからありがたいし、直接関わっていない一般人にしてみても同時代に偉大な芸術家が出現すれば、展覧会等で鑑賞する機会ができて恩恵を受けます。どうせならば芸術的に豊かな時代に生きたいですよね?

知り合いの画商からの又聞きですが、ユダヤのお金持ちなどは実際にこういうことをやっている人も多いようですね。アーティストを幸せにして、社会に貢献して、自分もお金を儲けるわけですから、精神的にも金銭的にも豊かになる行為です。日本のお金持ちの方もぜひ見倣っていただきたい。別にいきなり大儲けできなくても良いじゃないですか。まだブレイクしていない作家をチェックして、気に入った作品があれば買ってあげればよいのです。そうすることでその作家は創作活動に専念する時間が増えるのです。すごく感謝されます。そういう行為を繰り返しているうちに自然に審美眼は養われると思います。そしてその作家が現代を代表する作家になったときに得意気に「儂が育てた」と言ってください。事実ですからその作家も肯定するでしょう。それこそが芸術家支援の醍醐味ではないでしょうか?

私もアートフォトを販売していて、多くのお客さんに買ってもらっています。とても感謝しています。私のお客さんは大金持ちというより、金銭的に余裕があって芸術に理解のあるアッパーミドルの人が多いように思われます。こういう階層が増えると文化的に豊かな時代が来るでしょう。

大阪都構想と日本人のメンタリティ

橋下徹氏を全面的に支持するつもりはない。賛同できない意見や行為も多い。しかし、この大阪都構想自体は試してみる価値があるのではないかと思っていた。しかし、蓋を開けてみると結果は僅差ではあるものの否決だった。

日本人というのは行き着くところまで行かないと改革できない民族なんだな、と改めて思った。少子高齢化などの国の根幹に関わる多くの問題も、平時の政権が改革で解決するのは不可能だろう。何しろ高齢者が一番の票田で、若い世代より投票率も高いのだからどうしようもない。口では改革を望むと言いながら、本心で望んでいるのは現状維持と先送りという人間が多いのではないだろうか? そしてその実体は緩やかな衰退である。失敗するかもしれない改革よりもゆるやかな衰退を選んでいるのだ。そして、その緩やかな衰退の責任の一端が自分にもあるという自覚は国民にない。日本で行われた社会の抜本的な改革というと、古くは戦国時代の織田信長の改革だとか、明治維新だとか、第二次世界大戦後のGHQ主導の改革などが思い浮かぶ。大戦後の政権下で改革が行われたことは一度もないし、これからも無さそうだ。

井沢元彦がいうところの『和至上主義』というのは確かに存在しているのだろう。必ずしも悪いものではない。日本の治安の良さはこの『和』の精神に起因すると思うが、同時に『村八分』や『出る杭は打たれる」といった言葉が『和至上主義」の闇を表している。これが根強く残っている限り、日本の社会で改革者が成功することは難しそうだ。和を乱さないと改革なんてできませんから。橋下氏本人も言っていたが、改革というのは既得権益を得てる人たちから嫌われないと絶対にできない。橋下氏の敗因として彼が嫌われすぎたことを挙げる人がいるが、結局、それは改革そのものが不可能だと言っているのと大差ない。大阪の未来を考えて投票した人よりも、「橋下さんってなんとなく和を乱して、みだりに世を騒擾しているような感じがするから、とりあえず反対しよう」といった感じで、和を尊ぶ精神の暗黒面が出てしまったような印象を受けた。

全国的にはまったく知られていないかもしれないが、私の故郷でも規模こそ違うが似たようなことがあった。当時の草加市長だった木下氏が市議会議員の定数削減を公約に再選を目指したところ、共産党から自民党までを含む大連合が出来上がって対立候補を擁立し、木下氏の改革とは直接関係ない彼のスキャンダルを暴きだして市長の座から追い払った。共産党と自民党って主義主張がぜんぜん違うはずでしょ。なんで一緒に戦えるの? と疑問に思うのだが「議員の数を減らされたら権益を失ってしまう」という一点で一致団結したのだ。つまり彼らにとっては市の財政がどうなろうと知ったことではないし、政治的な主義主張の違いなど大きな問題ではない。市というシステムに寄生して最大限の利益を得ることこそがプライオリティなのだ。これからも似たようなことがいろいろな自治体で起こるだろうが、どこでもいっしょだ。結局、破綻するまで変わらない。

で、行き着く処というのはなんだろうかと考えると、やはり地方も国家も財政が完全に破綻してしまうという状況が思い浮かぶ。改革者になりたい人は力を蓄えながらそのタイミングを待ったほうが良いかもしれない。破綻する前に救ってやろうと滅私奉公の精神で働いても嫌われるだけだ。日本の社会で平時に改革を志しても無駄である、ということを示す例がまたひとつ増えた。

Good Charlotte

大分市の高崎山自然動物園で雌の猿が生まれたので名前を公募したところ、ちょうど英国王室で王女が生まれた。結果として「シャーロット」に票が集まったので採用すると発表したところ、「英国に失礼だろう」という苦情が殺到したそうだ。

「もしイギリスの動物園で日本の皇族の名前を動物につけたら不愉快だろう」という意見もあるようなので想像してみたが、明らかに悪意があるならばともかく、そうでなければ親近感の表れと受け取るのではないだろうか?

という訳で、個人的には猿の名前はシャーロットのままで良いと思う。

ガーディアンもこのニュースを取り上げているが、コメント欄を見ると大半の人は問題無いと感じているようだ。もしろそんなことを心配する人たちを心配する声が多い。

高崎山の猿というとイモ洗いの話でも有名ですね。またエピソードが一つ増えた。いちど行ってみたい。と書いてふと思った。もし、これが広報活動だったとしたらかなり高度だな……

アニメーターの生活苦

アニメ若手制作者 平均年収は110万円余

アニメータの生活が苦しいという話は昔から聞いていたが、ここまで悲惨な状態というのは心が痛みますね。これ所得じゃなくて収入なんですよね。とてもじゃないけど生活はできないと思うので、実家に寄生している人が多いのでしょう。

アニメーターの平均労働時間は11時間だそうなので、東京都の最低時給¥888貰えて残業代が25%増になっていれば、週休二日だとしても、250万円以上の年収になるはずです。

(¥888 x 8 (労働時間) + ¥888 x 1.25 x 3 (残業時間)) x 20 (日数) x 12 (月数) = ¥2,504,160

しかし、この記事には以下の様な記述があります。

「動画の制作者の多くが1枚数百円という契約で仕事を請け負っていることが要因」

これは恐らく内職的な請負制にすることで最低時給以下で労働させるためのシステムなんでしょうね。

ではアニメーターを雇っている制作会社がどうしようもなく冷酷な雇い主かと言うと、一概にはそうも言えないような気もします。結局250万円払うようなシステムにすると、仕事が全部海外に流れてしまって、アニメーターたちが失職してしまうのではないでしょうか。

長い目で見れば、グローバル化が一段落すれば日本と発展途上国との賃金格差がそれほど激しくなくなるので、国内に仕事が戻ってくると思います。最近では中国の人件費が高騰して、生産工場などを他の国に移す企業も多いですからね。しかし、カンボジアだミャンマーだと世界の工場の受け皿になる国は暫く現れるでしょうから、グローバル化が一段落するのは数十年後のことでしょう。

解決策としては国が援助してあげるぐらいしかないかもしれないですね。クールジャパンを国策として推進するのであれば、アニメーターの援助の予算を少しぐらい計上しても良いような気がします。

Agree to Disagree

爆笑問題の太田光がラジオで安部総理のことを「馬鹿」と発言して問題になっていた。太田光の行為は子供っぽいと思ったけど、もしその行為が原因で彼が番組を降ろされたり、出演機会が減ったりしたら恐ろしい世の中だな、と内心すこしヒヤヒヤしていた。

右も左もそれぞれ好きに自分の主張をすればよいが、ネットを見ていると自分と違う考えを許さない狭量な人間が多い。日本人はどうも「みんな同じであるべきだ」という前提に立って自分と違う考えの人を攻撃するようだが、「みんな違う」という前提に立って「agree to disagree(意見が一致しないことについて同意する)」という姿勢を身につけて欲しい。自分とは違う思想を持った人間とも平和的に共存できる人間が増えることを望む。

The Huffington Postの記事によると、首相主催の桜を見る会に太田光が出席し、一緒に仲良く記念撮影に収まったとのこと。度量の広さを見せるためのショーかも知れないが、それでもまだそこまで深刻な状況にはなっていないとわかって少し安心した。

最近は自民党がTV局の幹部を読んで番組内容に注文をつけたり、いろいろと安倍政権のメディア支配が話題になることが多い。こういう問題は少々センシティブすぎるぐらいに扱って調度良いと思う。ちょっと政府批判をしたら秘密警察がやってくるようなディストピアには絶対に住みたくない。権力というのは一度暴走しだすと止まらないからね。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/19/abe-aproach-to-ohta_n_7097506.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

日本人も賢くなった

老舗のパチンコメーカーが倒産したというニュースが飛び込んできた。関係者にはご愁傷様と申し上げておくが、日本の社会構造を考えると巨大なパチンコ産業というのは望ましくないと思うので良い傾向だと思う。

記事によると95年には2900万人いたパチンコ人口が、2013年には970万人まで減少資したそうだ。

日本人も賢くなった。釘で勝ち負けが決まっていた昔とは違って、今は完全に店側でコントロールできちゃうから、長期的に見れば絶対に勝てないんですよね。

でもギャンブルにはまってる人って自分が勝った時の記憶は鮮明にいつまでも覚えていて、武勇伝として話しちゃったりするけど、負けた時のことはすぐにケロリと忘れる。だから本人は勝ったつもりになっているんだけど、金は無いという人生になります。

EXCELのシートに使った金額と入った金額を必ず記入するようにすればやめれますよ。でもそういう人たちって事実を認識したくないんですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000195-sph-soci

レアカードを目指そう

藤原和博さんのインタビュー
これからの日本社会でのサラリーマンのあり方について語っています。

(1) なぜ給料が二極化するのか? 年収200万円と800万円の人
(2) 時給800円と8万円――仕事をしていて、なぜ100倍もの差がつくのか
(3) 会社員の最大のリスクは「上司」――なぜ? 

細かい点ではちょっと突っ込みどころもあります。

”給料から労働時間を割ると、多くの人は3000~5000円くらいなんですよ。家庭教師でサラリーマン並みの時給をもらっている人は多い。そう考えると、サラリーマンの時給って高くない。”

とありますが、2013年のサラリーマンの平均年収は414万円、2013年のOECD発表の年間平均労働時間が1735時間なので、この数字を元にして計算すると2,386円になります。2013年の男性の平均年収が511万円なので、この数字で計算すると2945円になります。

私はサラリーマンではないけど、なかなか興味深い内容だった。「レアカード」になれってのはすごく納得です。ゲームでカードを集める時間を使って自分自信を磨かないとなりません。艦これで大和がでたとかいって喜んでいる場合ではありませんな。ちなみに私は赤城が好きですけど。

成功している人ってゲームにはまるような勢いで自分の人生にはまってるんですよね。ゲームの中でレベルあげるためにクリックし続けるか、自分のレベルをあげるためにリアル人生ゲームを楽しむか、ゲームでキャラの攻撃力が上がるのを楽しむのか、自分のTOIECの点数が上がるのを楽しむのか、そんなことの積み重ねが40歳、50歳になると巨大な差になってきますね。

高学歴女子が貧困に陥りやすいというのは本当だろうか?

最近高学歴女性の経済的な惨状をセンセーショナルに煽ったような見出しの記事をよく見る。
「高学歴であればあるほど損をする」女性の雇用環境

まるで高学歴の女性は必ず貧困に陥るというような論調だが、当然ながら高収入の高学歴女性もいるだろうし、低収入の高学歴男性もいるはずだと思っていた。

男尊女卑の思想に凝り固まった経営者も中にはいるでしょう。しかし、まっとうな経営者にとっては学歴の高低や性別などはそれほど重要な問題ではなく、その人を雇うことが会社の利益につながるのか、それとも単なるコスト増につながるのかというのが一番大事な点であるはず。ただしそのあたりは雇ってみないとわからないので、参考指標として学歴というものがある。

するとスパがこんな特集を組んだ。
アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由

高学歴貧困に陥る男性も多い、性別に関係なく高学歴でも貧困者が多く出る時代になった。ただそれだけのことをまるで高学歴の女性は貧困になりやすい、というフェミニズム的に偏った視点で捉えているという印象が強い。

もちろん男女の機会平等は大切だと思いますし、改善すべきところは改善したほうがが良いが、ちょっと我田引水が過ぎるように感じる。

葡萄が書けなくても別にいいじゃない

東進ハイスクールの人気講師がTVの番組に出演した際に「葡萄」という漢字が書けずに赤っ恥を掻いたとう話題が出ている。本人は「最近、本当に漢字が書けなくなっているんですよ。パソコンばかり使っている弊害でしょうか」と語っているそうだが、私は漢字なんて書けなくても良いのではないかと思っています。

果物のぶどうを表す漢字が「葡萄」なのか「蒲萄」わからないのであれば問題でしょうけど、コンピューターが人間より優れている分野で頑張ってもあまり意味はない。自分で漢字を書かなければならない機会なんてあまりないし、わからなければスマホで変換すればわかる。それならば、漢字が書けるようになるために使う時間を他に使ったほうが良い。

コンピューターの使用が前提となっている社会において、コンピューターが人間より優れていることを一生懸命修得するというのは、かなり無駄な行為だと思います。またグローバル化が進む社会において、第三世界の労働者に安価でアウトソース出来てしまうことを一生懸命修得することも同様に無駄な努力だと言ってよいでしょう。

このあたりは別に私固有の意見ではなく、Daniel Pinkあたりがさんざん著作で語ってきたことです。個人的には21世紀に生きる人間にとっては常識のだと思うのですが、漢字を書けることに対する信仰というのは根強いものがあるらしい。純粋に漢字を書くのが好きなので書きたいというのであれば素晴らしいと思いますけど、漢字を練習する理由というのが、恥を掻きたくないから、批判されたくないから、というのはちょっと後ろ向きな印象を受けます。

私はフリーランスの日英産業翻訳者として15年ほど暮らしてきましたが、この業界は将来性があまりないと思っています。いつになるかはっきりと予測することは困難ですが、いつの日かコンピューターに取って代わられる職業でしょう。

現在の業界におけるコンピューターの利用は主にTRADOSなどの翻訳メモリーとよばれるような補助ツール(データベースに入っている類似翻訳を表示するもの)や情報検索ツールとしての利用などに限定されています。少なくとも日本語と英語の間での翻訳ではAIによる翻訳(機械翻訳と呼ばれる)の利用は少ないはずです。これは日本語と英語の間に根本的な違いがあるのも一因で、例えばドイツ語と英語の間ならば機械翻訳の利用率はだいぶ高くなると思います。

いつか技術的なブレイクスルーが起こり、日本語と英語の間でも機械翻訳が主流になる日がやってくるでしょう。そうなった場合でも、AIのアルゴリズムをドキュメントの性質に合わせて調整する仕事や、コンピューターが吐き出した訳文を効率よく修正する仕事などが残ると思いますが、いま現在の翻訳者の数から考えると、業界で生き残れる人はごく一部ではないでしょうか。

5年以内に実現する可能性はあまり無いと思いますが、25年以内に実現する可能性は高いように思います。いまからこの業界をめざする人はその辺りの事情を理解しておく必要があるでしょう。

グローバル化と競争の激化による第三世界へのアウトソーシングの影響はすでに出ていて、品質があまり重要でない案件は、日本語と英語ができる中国人やインド人の翻訳者との苛烈な価格競争に巻き込まれています。それに伴いありえないぐらい酷いレベルの翻訳が巷に溢れています。ドキュメントの質よりも価格競争力が重要だと考える企業が多いのです。

英日(英語から日本語)の産業翻訳では、西暦2000年ごろに私が独立した頃から単価はずっと下落していきました。まだ落ちていくでしょう。競争激化によるコスト削減の影響でプロのテクニカルライターが原文を書くケースが激減し、非英語圏出身のプログラマーなどが原文を書くケースが急増しました。これがとても辛かった。純粋に英語が好きでこの仕事に就いたのに、自分が書く英語よりも遥かに低レベルの「英語もどき」を訳さなければならない日々。

一念発起して10年ほど前に日英翻訳に転向しました。翻訳の仕事というのは習得した外国語から母国語に訳すのが一般的なので、日本人でまともな日英翻訳ができる人間は凄く少なかった。日本人の英語学習は傾向としてアウトプット(スピーキング&ライティング)が苦手ですからね。一方でビジネスで稼ぐために外国語を修得する英語圏のネイティブは日本語から中国語に流れていたので、当時は日英翻訳者の絶対数が不足していたようです。運良くネイティブのリライターからちゃんとフィードバックがもらえるる仕事を最初に受けることができて、鍛えてもらえたのもラッキーでした。日本語の原文もプロのライターが書いているものは少ないので、酷いものが多いですが、それでも日本語ネイティブが書いているのでまだ我慢の範囲内です。日英翻訳の技能が上達して作業量スピードが上がると、時間あたりの単価は英日翻訳で生活していた時の二倍近くにまで上がりました。

しかし、日英の方もここ数年、安い仕事の依頼が増えています。安い仕事は全部断っているので仕事の絶対量が減っていますが、最近は写真家としての収入もあるし、東京から田舎に引っ越してきて生活費がだいぶ減ったのでやっていけています。

実際に報酬が発生する翻訳の仕事の殆どは産業翻訳です。出版翻訳や映像翻訳の仕事の絶対量は産業翻訳と比べるとずっと少ない。

映像翻訳については駆け出しの頃にテレビの仕事を少しやっただけです。私がやった時はテープ起こしも翻訳も全部一人でTV局でやらされました。発音が綺麗なアナウンサーとかならテープ起こしも楽勝ですが、訛りの酷い一般人への野外インタビューとかも含まれていたので大変でした。自分には向いていないと思いその後はオファーを断りました。

おまけインタビュー付きのDVDやCS/BSでの海外番組の放送の需要もあるので、映像翻訳の仕事の量は昔より多いという話を聞いたことがあります。この分野が機械翻訳に取って代わられるようになるのは産業翻訳よりだいぶ後になるでしょう。さすがに日本語ネイティブがやるのが普通でしょうから、グローバル化の影響もあまり大きくないかもしれませんね。

多くの人が憧れる文芸翻訳ですが私はまったく経験ありません。極端に狭い門だと思われたし、とりあえず食べていけるようになるのが先決だったので最初から目指しませんでした。現実問題としてここ10年以内にプロの文芸翻訳家になって、翻訳専業で生活費をまかなえる程度以上の収入を毎年コンスタントに稼いでいる人って日本に何人いるのでしょうか? 下手をすると一人もいないかもしれません。

ダン・ブラウンの小説を翻訳した越前敏弥さんのブログにも厳しい現状が記載されています。このクラスの人でも講師をしているんですよね。結局ワナビが多い業界では講師ビジネスが一番安定した収入源になるのが実情です。二年前に投稿されたこのポストにはこんな記述があります。

“わたしは10数年間翻訳学校や各種講座・勉強会などで教えてきましたが、出版社を紹介するのは、何十人かの生徒のうちごくひと握りの、非常に優秀で熱意も並々ならない人だけです。紹介できるのはせいぜい数年にひとりぐらいで、実際に訳書が出てその後も継続的に仕事をしているのはその半分程度でしかありません。”

更に言えば「訳書が出てその後も継続的に仕事をしている人」も専業でやって行けているとは限らないのです。日本で出版される洋書のフィクション自体が昔と比べたら激減していますから、ロックスターと同じで「文芸翻訳家なんて職業はもはや存在しない」と思ったほうが良いのかもしれません。

文芸翻訳にはもう未来がないのかというと、まだ希望はあると思います。電子ブックの利用が普及すればこの辺りの事情は変わってくるかもしれません。

正直言って私は電子ブックには否定的でした。やっぱり本は紙で読まないと駄目でしょって感じの考えだったのです。実際に紙に印刷してチェックするとディスプレイでチェックしたときに気が付かなかった誤字によく気づきます。

しかし、先日ついにKindle Paperwhiteを購入しました。使ってみたら目から鱗が落ちる思いです。とても読みやすい。しかも画面上で簡単に辞書が引ける。これは洋書を読むときにとても便利です。送料も掛からないしKindle版のほうが若干安いので、洋書はもう全部Kindleで行こうかと思います。もちろん辞書は日本語でも使えるので、難解な語彙が多い日本語の本を読むときも便利です。それに何万冊も持ち歩けるというのは素晴らしいですよね。

普通に紙で出版しても採算が合わないようなタイトルも電子ブックでは出版可能でしょうし、コミュニケーション能力と実行力に自信のある人はベンチャーを立ち上げて、電子ブックに特化した翻訳書の出版社を作るのもよいかもしれません。

常識的に考えれば文芸翻訳がコンピューターにより行われるようになるのまだまだ先でしょう。しかし、機械翻訳が進化してAIがある程度まともな文芸翻訳ができるようになったら面白くなると思います。SFや推理小説などジャンルごとに最適化したアルゴリズムが開発されれば、下訳として使用可能な翻訳を吐き出すかもしれません。それを原作を精読した翻訳者がリライトすれば、低コストで多くのタイトルを揃えることも可能でしょう。つまり文芸翻訳に関しては、機械翻訳の進歩により逆に雇用が増える可能性があるかもしれません。

私は写真家としても活動していているので、電子ブックによる写真集も気になるところです。紙の写真集は殆ど売れなくなってしまいましたが、電子ブックが普及すると写真集の復権もあり得るかもしれません。私の周りでも電子書籍で写真集を出している人が何人かいます。日本市場はまだ小さいようですが、グローバル市場で受ける物を作れば結構な収入になるかもしれません。

しかし、私の個展に来る人はみんな紙の写真集を欲しがるんですよね。6月にまた個展をする予定なので準備しなくては。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000040-dal-ent

Airbnbというのが問題になっているらしい

Airbnbは物件を宿泊施設として登録営業できる民泊プラットホームで、設立は2008年だそうだ。ようするにこれを利用して民家に宿泊する人が増えているので、既存の旅館業者が怒っているらしい。

長期滞在ならばAirbnbがメジャーになる前からcraigslistとか使って似たようなことをしていた人はいっぱいいるような気がします。かく言う私もローマにビザなし渡航ぎりぎりの3ヶ月滞在した時はcraigslistを使って、部屋を借りる約束をして行きました。長期滞在の場合、ホテルとかはコスト的に無理なんですよね。Airbnbだと短期でも利用できるんですかね? 今度使ってみようかな。

旅館側がニーズを見誤って過剰なサービス山盛りで宿泊料金を高くしているのも、経営不振の原因なんじゃないでしょうか? 長期滞在用にすべてセルフにしている格安の宿などはそれなりに利用されているように思います。

ウィークリーマンションにしても規制をゆるめてくれたほうがありがたいですね。風景写真家の場合は朝夕の黄昏時や夜の星撮りなどは撮影で外にいるので、通常の15時チェックインの10時チェックアウトみたいな宿は利用価値ないです。結局車中泊になるのですが、一週間とか続くとさすがに辛いですから。